トラブルの解決に小型録音機

大きな社会問題となっている学校内での「いじめ」や家庭内暴力(DV)、そして近隣住民とのトラブルなど、揉め事の解決に録音機が使われています。 本来の小型録音機は、ミーティングや講義、講演会など、仕事や学習が主な使用方法でしたが、現在は小型高性能化・低価格化によって、会話や音声を「証拠」として録音して残すツールとして活用されています。


「言った」「言わない」などの平行線を避けて、問題をスムーズに解決する手立てになっているようです。 実際のケースとして、
 
  1. 「近所の騒音がうるさいので証拠を録音したい」
  2. 「学校で子供に対する先生の対応を知りたい」
  3. 「クレーム対応時に相手の言い分を録音したい」
  4. 「主人の浮気の証拠として車内での会話を録音したい」

など、問題解決のための一つの方法として録音機を使うケースもあるといえます。 いじめやDVの事実を学校や警察など第三者に伝える時は、客観的事実となる証拠が必要で、メモやノートなどの書面に残すことやボイスレコーダーで録音しておく事も重要な一つのツールといえます。


ただ、隠し録音していることが相手に分かってしまうと、場合によっては感情論になってしまい状況がさらに悪化してしまう可能性もあるので、状況を見極めて使用することが大切です。


電子情報技術産業協会によると、H17年度から23年度までの6年間で小型録音機市場規模は1・8倍に拡大し、その背景には「トラブル回避」という用途も需要の下支えとなっているようです。


☆ 一番人気のボイスレコーダー → ロングライフレコーダー →VR-L2

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。