浮気がばれる

録音機を車に仕掛ける場所 「録音機を車内に取付けたいが、どこにつけたらバレないでしょうか?」という、質問を受けることが多いです。

 

取付け目的は、どうやら旦那の浮気の証拠録りのようですね?

 

車内での話し声がする場所の近くに取り付けるのがいいのですが、ダッシュボードなどのフロント付近ではエンジン音を拾ってしまうのではっきりと音が拾えない場合がありますし、ダッシュボードの中は、見つかりやすい場所でもあります。

 

サンバイザー付近も結構いい場所ですが、隠すスペースがあればいいかもしれません。

他には、

・コンソールボックスの中(運転席と助手席の間にある収納BOX)
・助手席の座る面と背面の合わせ(お尻のところ)に潜り込ませる。
・運転席のシートの枕のカバー中 ・運転席(助手席)のシートの下
・運転席(助手席)の背もたれの後ろのポケット

等々、車種によってはいい隠し場所があるかもしれませんのでくまなく探していてはどうでしょうか。

 

ポイントは、先に述べたように「話し声のする場所のなるべく近くに取り付ける」ことです。 注意点は、録音機をしっかりと固定すること(マジックテーク、ガムテープ等)と本体のマイク部を塞がないことです。 固定が緩いと車の走行中の振動で揺れるたびに、ガサガサと強い雑音を拾ってしまい聞きにくくなります。

 

あと、問題はバッテリー(電池)の持続時間です。 市販のボイスレコーダーは、充電式が多く、連続録音で大体7〜12時間前後しかバッテリーが持ちません。 機種の中には、VOX機能が搭載されているものもあります。これは、周囲の音声を感知して自動的に録音を開始し、周囲の音声が途切れると自動で録音を一時停止します。 この機能を使うと、無音時は録音停止になるのでバッテリーが長く持ちますが、車内はエンジン音やオーディオ音、走行中の振動等で常に録音状態になる場合があります。

 

連続録音時間72時間という長い時間、バッテリーが持つタイプで人気の機種がロングライフレコーダーです。
うまく、隠し場所が見つかれば一番のおすすめのボイスレコーダーです。

→ ロングライフレコーダー「VR-L2」

警戒心が非常に強い方なら、先ほどの場所に取り付けても探し当てる確率は、高くなりますが、そうでない人は、簡単にはバレないでしょう、多分・・・、

 

いずれにしても、100%バレナないということはないので、思い切って録音機を2〜3台(複数台)仕掛けてみては、どうでしょうか? 万が一1台が発見されたら、それ以上は探さないと思います。まさか2台も仕掛けられているとは思いもしてませんから。

 

「何が何でも証拠を録る!」という方は、チャレンジしてみて下さい。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。