簡易タイプ盗聴発見器

 

「盗聴されているかもしれない」と不安になったら、盗聴器発見業者に依頼するわけですが、調査料金は1部屋で2万〜3万円、戸建て住宅全部を調べるなら10万円前後と決して安くはありません。しかも、調査して実際に盗聴器が出てくるケースは極めて稀です。

 

普通、盗聴器がなかった場合、依頼者は安心すると思いますが、実際は安心どころかがっかりするケースが多いのに驚きます。

 

高い調査料金を出して盗聴調査を依頼する前に、市販されている簡易タイプの盗聴発見器で誰でも簡単に盗聴器を探す事ができます。

 

但し、その前に盗聴の仕組みや盗聴器の機能を十分に理解してから使用する事が前提となります。

盗聴の仕組みと盗聴器の種類

市販されている盗聴器のほとんどは電波で音声を飛ばして受信機で聞くという「無線式盗聴器(ワイヤレス発信機)」です。発信機なのでこの電波をキャッチできれば盗聴器があるかないかを判断することができます。 盗聴器には、いろんなタイプのものがあります。

 

★ 室内に仕掛ける代表的な盗聴器

UPX-40■ 従来の盗聴器らしい形状なので目立たないように隠して設置します。

 

1.ULX-40などと比べて、約1.5倍の長距離発信が可能です。電池は、汎用性の高い006P 9V電池ですから、どこでも手に入ります。

 

2.スイッチをONするだけの簡単操作。アンテナを付けて、電池をいれて、後はスイッチをオン。面倒な操作は一切ありません。
UZ-110ika■ 電気器具や日用品などの製品に偽装し内部に基盤を組み込んでいます。見た目は全くわかりません。

 

1. 簡単操作。コンセントに差し込んだ時点で送信を開始します。電源がコンセントから供給されるので半永久発信が可能です。

★ 電話機・電話回線に仕掛ける盗聴器

BC-700■ 電話回線に取り付けるタイプや電話機のカールコードやモジュラージャックに偽装したタイプ。受話器を上げると発信します。

 

1.完璧にカモフラ−ジュされた外観。外観からは発信機とは分かりません。延長用のモジュラ−コネクタ型の電話用発信機です。本来のコネクタとしての機能は全く損なわれていません。

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。