簡易タイプ盗聴発見器

 

簡易型盗聴発見器の誤った使い方

簡易型盗聴発見器私のところに、市販の簡易型盗聴発見器を使用しての問合せがあります。 話を伺うと、誤った使い方をしている人がほとんどです。 簡易型盗聴発見器が悪いのではなく、誤った使い方をしているのが問題です
盗聴器は、室内や電話での会話音声を拾い電波を発信しています。 盗聴器から出ている電波を捉えれば、仕掛けられている盗聴器の場所特定ができるわけです。 本来必要なのは、広域受信機ですが、実は、家電量販店やホームセンター等で売られている簡易型盗聴発見器で、ほとんど費用をかけずに本体のボタンを押すだけで、盗聴器の有無を調べる方法を「あなただけ」に教えます。 簡易型盗聴発見器を実際に使ってみた人から

■ 「部屋のあちこちで反応する」
■ 「TV付近でランプが点滅する」
■ 「蛍光灯で反応する」
■ 「電話機に近づけるとピッピッピッと音が鳴る」 etc・・・
こんな問合せが月に数件程入ってきます。

何だと思いますか?

そうです、盗聴発見器を家電量販店やホームセンター等で買って 実際に使ってみた人からの問合せ電話です。 やたらと反応するので 『やっぱり盗聴器が・・・』 とますます不安になるようです。

 

このような簡易型盗聴発見器は、2,000円〜9,000円くらいで 市販されていて、値段も手頃で簡単に使えることから女性にも大変人気のある商品ですが、盗聴の知識がないと誤作動に戸惑ってしまい、 挙句の果てに、調査業者に盗聴調査を依頼し、結局、高い出費になって しまった、というケースも非常に多いのも事実です。

「なぁ〜んだ。使い物にならないじゃない・・」

そうです。安いからといってこれじゃダメです。 不安製造機のようなものです。 簡易型盗聴発見器は、無線式盗聴器を発見するものですが電波に反応してランプやアラームで知らせます。

 

電波は、何も盗聴電波だけとは限りません。 電波(電磁波)が出ているものに反応してしまいます。 テレビや電子レンジなどの家庭電化製品や近くに強い電波を発信している中継局、アマチュア無線局など様々な電波に反応することがあります。

正しく使えば、簡単に盗聴器の有無がわかります。

この世に出回っている市販盗聴器のほとんどが「無線式盗聴器」です。 そして、取り付けられる場所の多くは、

☆ 『電源コンセント周り』
☆ 『電話機・回線周り』

もうお解りですよね。 ここを簡易型盗聴発見器でピンポイントでチェックするのです。

正しい使い方をすれば、これで十分、盗聴器発見があなたにもできます!

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。