簡易タイプ盗聴発見器

 

盗聴発見器のまとめ

お解りになりましたか?

簡易型盗聴器見器には、感度のいいタイプとそうではないタイプに分けられます。

 

「感度が良い方がいいのでは?」 と思いがちですが、比較的広範囲で反応してしまうので、どれに反応しているのか良くわかりません。

 

反対に、感度を落としたタイプは、かなり対象物に近づけないと反応しないため、見逃してしまうことがあります

 

「プラスガード」は、付属アンテナ使用すると感度が上がり、アンテナを外すと感度が落ちますが、感度を落とした状態での発見方法がこれまでの解説です。反応した場合の対処方法は、少々乱暴ですが 「新しいものに取り替えてしまう」 ことです。

 

もちろん、反応したものを分解したり、知識のある人に相談するのも一つですが、面倒であれば丸ごと替えてしまうことです。

 

電話機は多少お金はかかりますが、延長コードやコンセント、ジャックは全部取りかえてもそんなにかかりません。 壁に付いているモジュラージャックや電源コンセント内部を調べるときは、電話・電気工事屋さんに依頼してください。

 

故障や感電など事故が起きる場合があるので注意が必要です。

盗聴器以外でも反応する場合があります

デジタルコードレス電話

 

▲ デジタルコードレス電話は常時電波を発信しているので「プラスガード」は反応します。

 

電子レンジ使用中も反応します

 

▲ 電子レンジ使用中も反応します。

 

アマチュア無線機

 

▲ アマチュア無線機が送信状態の時は、反応します。

 

次へ 矢印 最初に戻る

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。